フィット・フォー・ライフを読んで①「何故もっと早くこの本に出会わなかったのか!」と。

私はこの本を読み始めて直ぐに後悔しました。

「何故もっと早くこの本に出会わなかったのか!」と。

 

本書は無理な減量方法を決して強制したり、読者に苦痛を与えるものではありません。

又、本書は以下のことを約束しています。

「体に必要な栄養を全て満たす事が出来る」

「いつもエネルギッシュでいられる」

「生涯最大の減量が出来る」

「減量した後のリバウンドの心配が無い」

「自分に自信がつく」 ダイエットといえば好きな食べ物を食べるのを止め、

食べたいと思っても空腹に耐え、

まるで修行僧の苦行を実行するかの様な食生活を自分に強いるイメージが強烈ですが、

本書ではそのような事は一切行わなくて良い、

むしろ理想体重になるまで、好きなだけ好きな物を食べても良いと言っています。

 

これまで数々のダイエットの本を読み、チャレンジし、

その度に味わってきた敗北感や挫折感、

更には「こんな自分なんて駄目人間なんだ」という自信喪失感までもが何だったのかと思えてきます。

もう、流行りのダイエットに翻弄されなくてもいいのです。

 

フィット・フォー・ライフ ――健康長寿には「不滅の原則」があった!

新品価格
¥2,268から
(2015/2/10 10:14時点)




フィット・フォー・ライフのすすめの最新記事