フィット・フォー・ライフを読んで⑧~人間は肉食動物ではない~

ハンバーグ、ステーキ、ビーフシチュー等々、私達は毎日特に意識する事無く、

又深く追求したり考えたりする事もせずに美味しく肉を頂いているが、

一度でもこう考えた事があるだろうか?

 

「人間って肉食動物なの?」 答えは「NO」である。

残念ながら人間の体は、肉を食べるようにはできていない。

魚に対しても同様だ。

 

人体を動かすためのエネルギーは炭水化物から製造されるが、

肉や魚には炭水化物は含まれていない。

 

この点についてフィット・フォー・ライフは実に科学的且つ医学の面からも、

私達人間が肉食動物ではない事を優しく教えてくれている。

 

良い例が「ライオンが肉食動物を襲わない本当の理由」「ゴリラのスタミナ源は肉ではない」だ。

 

例えばライオン等の肉食動物は、植物を食べる動物を選び、そこからアミノ酸を得ている。

 

しかし、だからといって本書では「肉は食べてはいけない」と言っているのではない。

それでも肉が食べたい私達の為に、正しい肉の食べ方を紹介してくれている。

本書を読み、何が人間の体にとってより良い食べ物かを学ぶと同時に、

肉の正しい食べ方を知り、今よりもっと健康的な人生をエンジョイしていってほしい。

 




フィット・フォー・ライフのすすめの最新記事