不飽和脂肪酸について

最後に見ていく脂肪の種類は不飽和脂肪酸です。

こちらもまず定義から見ていくと、

不飽和炭素結合を少なくとも1つ以上有している脂肪酸、ということになります。

言い換えれば飽和脂肪酸に比べて不安定な物質であり、融点が低い傾向にあります。

そのため、常温では液体状のものが多いと言えます。

 

この融点の下降は含まれている不飽和炭素結合の数が多いほど幅が大きくなります。

一般的に不飽和脂肪酸結合の数が一つのものを一価不飽和脂肪酸、

二個以上のものを多価不飽和脂肪酸と呼びます。

 

  人間の脳の組成を見てみると一価不飽和脂肪酸の方が割合が高く、

多価不飽和脂肪酸の方が僅かながら低いとされています。

食用油のなかで比較すると、

一価不飽和脂肪酸を多く含んでいるのはオリーブオイルやキャノーラオイルなどです。

 

対して多価不飽和脂肪酸を多く含んでいるのは大豆油やコーン油などの穀物系の油となっています。

不飽和脂肪酸は全体として主に魚類の脂や植物油に多く含まれている脂肪の種類で、

人体に対して与える悪影響が少ない脂肪として知られています。

そのため、健康を目指すのであれば摂取する脂肪は不飽和脂肪酸を中心とするべきだ、

という説が中心的です。

 

具体的に不飽和脂肪酸が効果を発揮する分野について紹介します。

まず一価不飽和脂肪酸は、 血中に含まれる悪玉コレステロールを長期的に取り除くという作用があります。

悪玉コレステロールは動脈硬化を進めるものなので、血管の状態を向上させることができます。

効果自体は多価不飽和脂肪酸よりも弱いですが、酸化しにくいというメリットがあります。

 

多価不飽和脂肪酸のうちの一つ、ω-3脂肪酸は善玉コレステロールを殖やす効果があります。

これも悪玉コレステロールを減らすのと同じく、血管の健康を高めることに効果を発揮します。

さらに血栓が作られて血管が詰まってしまうリスクを下げることが出来るため、

心臓病や脳卒中などのクリティカルな病気の予防にも効果を発揮します。

このタイプの脂肪酸は魚類に多く含有されています。

 

同じく多価不飽和脂肪酸の一つであるω-6脂肪酸は悪玉と善玉、 両方のコレステロールを減らす効果があります。

そのため、このタイプの脂肪は摂り過ぎると体に悪影響を与えるとされています。

他のタイプの脂肪酸は植物油の一部やナッツ類などに含有量が多くなります。

 

  不飽和脂肪酸による健康効果を効率よく得るためには、

週に少なくとも2~3回程度、可能なら毎日1回程度は魚を摂取するようにすることです。

さらに

油を使った料理はω-6脂肪酸が中心となってしまいがちなので重なりすぎないようにすることも重要になります。

一般的には良いとされる不飽和脂肪酸も摂り方によっては健康を害してしまうことがありますから、

注意して摂取するようにしましょう。

 

 

病気がイヤなら「油」を変えなさい!―危ない“トランス脂肪”だらけの食の改善法

新品価格
¥1,728から
(2015/2/10 11:41時点)




脂肪の重要性 飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、トランス脂肪酸の最新記事