チョコレートの過剰摂取に注意!

私達が健康的な生活をエンジョイしようとする時にも

「たまにはチョコレートを少しくらいなら食べてもいいだろう」と思われる方も多いだろう。

 

勿論、どんなものでも時々食べる程度なら差し支えないが、

ただし、チョコレートは体にとって好ましくない成分が含まれている事を忘れてはならない。

 

それはテオプロミンと呼ばれるカフェインに類似した物質だ。

テオプロミンは人間の細胞内にある特定の発がん物質に影響し、DNAを傷つける等する。

 

更にチョコレートには精製された白砂糖が含まれているが、

これこそ減量のプログラムに水を差す元凶であると本書『フィット・フォー・ライフ』は指摘する。

 

砂糖を取ると太るのは、砂糖が栄養を全く含まない質の悪いカロリーであり、

脂肪に変化する過剰の炭水化物しか与えてくれない為である。

砂糖を摂取すると、体がもっとより多くのカロリーを要求するシステムになっている事を忘れてはならない。

 

甘い物を求める傾向を改めるには「果物を正しく摂る」事が重要だ。

本書を読み、体にとって良い物を学ぶと同時に、体にとって好ましくない物もしっかりと学ぶ事が出来る。

 




健康のためのマメ知識の最新記事